昭和の足跡

さて、世間の×デーな雰囲気の中の仕事も毎年のことで慣れてきたこの頃。
とりあえず今日の休暇を跨いで×デー→年末年始までぶっ通しで仕事。
我ながらご苦労なもんです


そんな貴重な休暇なので極寒の中朝は釣りに繰り出しましたが、案の定ボウズをくらったので610をネタに…






先日のブログで書いたサーモハウジングが日産部販から届いたので交換してみました。


c0254529_17335334.jpg


バフかけるつもりで外したんですが、意外と新品の質感も悪くないのでこのまま付けることにしました。
(本当は釣りに自棄になり、しもやけでやる気が失せたことは内緒の方向で…)



c0254529_1734862.jpg

サーモは82℃のが付いてましたが今回
『その辺に売っている高価なサーモと質は変わらず安い』
といううたい文句の安価ではないローテンプサーモに交換してみます。

c0254529_17342360.jpg

見かけ変化なし。







クーラント交換している間に、何となくリア周りを眺めてたんですが今日嬉しい昭和の影を見つけました。




c0254529_17344345.jpg

携帯で撮ったので非常に分かりにくいんですがウッドパネルにさくらのステッカーの跡が。
交通安全ステッカーで有名どころはもみじですが、中にはさくらなんてのもあったんですね。
そう言えば、ガキの頃に見た記憶があるような気もします。

おそらく、このセンスは初代オーナーのものでしょう。
こういった昭和なにほひが大好物なので思わず嬉しくなってしまいました。
現代で購入できるのはもはやレプリカ(?)になってしまうと思いますがリアウィンドウに貼りたい一枚です。






変わりましておなじみ日プリステッカー。
何となく部屋に転がっていたので前回、仮貼りして楽しんでましたが位置決めの為半分だけ貼ったまま忘れて今日みたらこんなんでした。


c0254529_17345439.jpg

完全なるレプリカなので現代っぽいビニール系のステッカーだったはずなのに裏紙が付いていた部分だけパリっと無くなってしまいました。

しかし、このステッカー。剥がす感覚は当時仕様で一気に剥がせず爪でチビチビやらないと剥がれてくれません。大泣

しかも爪が長めな親指では剥がれず中指か人差指で剥がす始末。
剥がれたステッカーが爪の間に刺さり、激痛を味わう結果に。
このステッカー作った野郎よくわかってるぜ。



c0254529_1735572.jpg

小一時時間格闘の結果何とか剥がせました
爪痕も残るし、ついてない一日でした。

しかし何気に貼った日プリステッカーですが610の時代も使われていたのでしょうか?
ハコスカやタテグロなんかにはしっくり来そうですがブルーバードにはどうなんですかね?
[PR]
by yarukihonki | 2012-12-26 18:24 | ★610 VAN
<< 年の瀬 サーモ周り点検 >>